いつかのこと

いつかのこと

電車を待ついつもの駅

ホームのベンチで3人並んで電車を待つ
おしゃべりが上手になった小さな彼は、さむいーーと笑っている
その笑顔を見て私たちも思わず笑う

いつかのこと

いつかのこと

いつもの駅がいつもの駅じゃなくなる
ここで電車を待つのはもう最後かもしれない
通り過ぎていく小さな新幹線を眺めながら、少し寂しくなってみたりする

電車が来た
私たちはこれから電車を乗り継いで乗り継いで、遠いところに向かう
荷物の積み込み、手続き等を夫に託し、私と小さな彼は電車に乗り込む
2人だけでのこんな大移動は初めてだ
混んでいる車内では案の定座れなかったが
-あとでね
心配そうに見守る夫に笑顔で手を振った

電車が発車する
小さな彼は、いつもより少したくましく感じる
私の不安は一瞬で飛んでいった

あたらしい暮らしが、始まる

house

無印良品の家

a living