いつかのこと

いつかのこと

いつか読む日記

夏休みの宿題

日記の宿題が苦手だった
毎日書いていけばいいものを、たいがい夏休みの終わりにまとめて書くことになる
文を書くのは好きだった
絵を描くことも好きだった
なぜか日記となると続かない
夏休みの思い出を必死に思い出しながら、なんとか宿題を終わらせた
お天気だけはどうしても思い出せなくて、そっと空欄のまま提出した

はれときどきぶた – 矢玉四郎

明日の日記
何を書いてもそれが本当になる、魔法のような日記
本当にぶたさんが空からブーブー降ってきた
何度も読んではふふっと笑った
私だったら何を書く?
行きたい場所
食べたいもの
会いたい人
いくらでも書ける気がする
だけど
やっぱり見てみたい気がする
だったら書いてみよう

夏から始まった日記帳

今日も寝る前に日記を書いている
毎日まいにち
次の夏で3年になる
その日のご飯のこと
初めての食材、食べられなかったもの
成長したこと、できるようになったこと
話せるようになった言葉たちー
絵も書く内容も気まぐれだ
だから無地のノートがよかった
書く途中にペコンと閉じないとなお良い
お気に入りのノートはもう5冊目になった
ただ真っさらなノートに毎日、まいにち書き続けている
忘れたくないことをいつか思い出せるように

これで書こう

茶色のペンが好きだったけど
さいきん黒に変えてみた

house

無印良品の家

a living