いつかのこと

いつかのこと

窓の家がやさしいね #17 ローン契約の朝

#17

ローン契約の朝

目覚まし時計より随分早くに目が覚めた
よく眠っている子供の足元には
窓のかたちに切り取られた朝日が射している
思わず笑みがこぼれる
今日は大切な日だ

いつかのこと

家族揃って行き慣れない街に行く
ローン審査が無事に通り、契約を結ぶ手続きをするためだ
審査が通るまでは、なんとなく落ち着かない日々を送っていた
通ったら通ったで契約の書類は揃っているのか?子供も一緒で大丈夫?…心配事は尽きず、なんだか落ち着かない日々だった

いつかのこと

それでもその日はやって来るわけで
さて今朝はパンに何をはさもうか、とか考えているわけで
何も変わらない朝を迎えようとしている

いつかのこと

鞄の中には書類が揃っている
印鑑は全種類持っていくという念の入れよう
飽きたときに遊ぼうと、この日のためにそっと用意したおもちゃもある
飲み物はマグに入れて行く
米粉パン、おやつもしっかり用意した
なんだかまた遠足みたいになってきた
そうだ、遠足だ
これは目的がローン契約という遠足なんだ
なんだか愉快になってきた

いつかのこと

もぞもぞ動く気配がする
目が覚めたらしい

何かを見つけて指を指す
ん、ん、
指をさした先には
窓のかたちの朝日がゆらゆらしていた