いつかのこと

南瓜とマヨネーズ、と、ひげちゃん

南瓜とマヨネーズ、と、ひげちゃん、と

はじめて読んだ日

たぶん、東京出てきてちょっとしてからだっけ。お姉ちゃんのだっけな。買ったんだっけな。何年も一緒に暮らしているのに忘れてしまった。たまに読んでは何かしらを思い出している。何かしら。あの頃、どこで暮らしてたっけ。表紙が素敵。もちろん中身も。本はたまに売ったりしてたけど、この本は売ろうかな候補にもあがらなかった。

南瓜とマヨネーズ、と、ひげちゃん

余白

見てるだけで心地よくなる。
せいちゃんって名前がいい。
僕がせいちゃんって名前だったらな、なんて思ったこともある。

余白の中のせいちゃんが好きだった。わかるなってよく思ってた。
なんとなく歩き方とか真似してたりしてたな。
想像でだけど。

南瓜とマヨネーズ、と、ひげちゃん

シーン

東京って感じがする。きっと近くにいたんだろうな。そんな気がする。

好きなシーンは、黒に白文字。あとは、ただいまー、おかえりー。

南瓜とマヨネーズ、と、ひげちゃん

南瓜とマヨネーズ – 魚喃キリコ

なんでこのタイトルなんだっけ?って調べたことがある。なんでだっけ?忘れたな。ま、いいかって今は思う。思い出した時には、あ、そうだったそうだったと思うんだろうな。

あ、そうだったそうだった。

魚喃キリコさんの作品は正直あまり読んだことがない。なんか読んでみたくなってきた。面白そうだな。本棚に並べてみたいな。

映画もみた

ひげちゃんを歌うせいちゃんが素敵だった。原作(漫画)にはない。原作とはまったく違う。映画だしそれでいいと思う。それが映画だと思う。余白が欲しかったな。いや、映画は映画だからなくていいのか。求めたものはやっぱり余白だった。余白ってなんですか?って聞かれたらどうしよう。余ってる白と答えよう。

南瓜とマヨネーズ、と、ひげちゃん