いつかのこと

いつかのこと

家を買おうと思うんだ #5 車と電車と徒歩の理想

#5

車と電車と徒歩の理想

徒歩が好きです。

と言っても、車も電車も必要なものである。

近所の広場でサッカーをする。
僕の優先順位の上位項目である。

なので、土地を見に行くと広場が近くにあるかをまずはチェックしてしまうのである。サッカーをしている少年がいたら「お!」と短い歓声をあげてしまうことになる。そして、あわよくば参加したいな、と思っている。「あのー、人数が足りないので、参加してもらえないでしょうか?」なんてことを言われた日には飛び跳ねて参加してしまうことであろう。ということでこっそり練習をして日々を過ごしている。

駅から徒歩何分、とても重要事項である。
駅から徒歩5分、でもその5分にドラマはあるのかい?
駅から徒歩20分、そこにドラマがあるのなら僕は喜んで歩くことを選ぶであろう。

なんてことを思ったりもするのだが、シンプルな車を買おうかしらと考えだしている。やはり僕はのんびりとした暮らしにあこがれてしまっているのだなと思う。さて僕はどこに住むことになるのだろう。

などと考えていると、ふと思うのである。

少年のころに走り回っていた場所が僕の理想なのかしら。