いつかのこと

ちいさな彼のおかたづけ

ちいさな彼のおかたづけ

ないなー

ないなーないねー
ちいさな彼は探している
大切なおもちゃが入っていた、大切な箱を探している

ちいさな彼のおかたづけ

たいせつなもの

おもちゃの箱がたくさんある
本の付録がたくさんある
可愛いポケットティッシュの包みが置いてある
段ボールに入っていたプチプチさんが転がっている
破れてしまったシールの半分が床に貼ってある

ちいさな彼のおかたづけ

必要なものだけの生活
余計なものを置かない暮らし
不要なものは処分する習慣
必要なものって、なんだろう
不要なものって、なんだろう

ちいさな彼のおかたづけ

おかたづけ

小さな入れ物を4つ買った
ちいさな彼にとっては大きいのかもしれない
マスキングテープに車と電車とアンパンマンと汽車の絵を描いて、ぺたーっと貼った
ちいさな彼は“たいせつなもの”たちをどんどん入れていく
仕分けを終えた彼は満足そうだ
そしてまた入れ物をひっくり返して遊び始める
これはここ
これはどこ?

ちいさな彼のおかたづけ

これ、ぽい、ね

少し経って
小さな箱を握りしめてこう言った
大切にしているのだと思っていた

― 本当にぽいするの?

しつこいぐらいに聞いてしまう
ちいさな彼は何度もうんとうなづいた

ちいさな彼のおかたづけ