いつかのこと

備えておきたい防災グッズ

備えておきたい防災グッズ

ある台風の夜に

雨と風が窓に、家に打ち付けられる音。
もし今、停電になったら?
もし今、屋根が吹っ飛んだら?
そんなことあるわけない、が起きるのが自然災害。
あの時わかったはずなのに。
今一度、防災のことを考えてみようと思うのです。

備えておきたい防災グッズ

防災グッズには消費期限がある

一度そろえてしまえばもう大丈夫、と安心していたのかもしれません。
今夜は大きな台風が来るという日、備えておこうと防災バッグを開けて驚愕しました。
これで家族3人を守るつもりだったのか私は。
まず、簡易トイレは良しとしても数が少ない。
なにかと入り用なタオルも少なすぎる。
いつ買ったのか分からない電池。
手の消毒ジェルも、古すぎて成分変わってないかなと心配になります。
機能性だけやけに高く、使い勝手が微妙なマスク。
子どもサイズが入っていない。
手回し式の懐中電灯は充電機能が付いているものの、古すぎて使っている機種に対応していない。
うちの防災グッズ、全く揃ってませんでした。
消費期限があるのは、食べ物や飲み物だけではないんですね。
反省です。

備えておきたい防災グッズ

無印良品の懐中電灯

まずは懐中電灯を探すことに。
充電機能、ラジオ機能、防水…
ただ照らすだけでなく、さまざまな機能が充実しています。
今は単三電池でも単四電池でも使えるものが多いんですね。
知らないことだらけです。

いろんなメーカーの製品がある中で選んだのは、無印良品の懐中電灯。
シンプルなものが一番だな、と。
他の機能は、その機能専門のグッズを探すことにします。
例えば、スマホの充電機能とか。
サイズは大、小で迷いに迷い、店頭で見て即決で小に。
なんだかちょうど良い大きさ。
子どもでも持ちやすそうで、とても良いです。
何より見た目がやさしくて落ち着きます。
災害時には意外と大切なポイントかもしれません。

備えておきたい防災グッズ

空気がぴんと澄んだ朝

やまぼうしくんは元気だな。
どこからか飛んできた洗濯バサミが芝生に落ちている。
車がなんだかきれいだな。
何もなかったことにホッとしながら郵便物を確認して閉めた、その時。
閉まらない。
郵便受けがちゃんと、閉まらない。
どうやら激しい風で歪んでしまったようです。
あーそういえば、工具どこに置いてたっけ。
いやちょっと、呼吸をしよう。
あれもこれもはやめておこう。
防災グッズはこれから少しずつ。
一つずつ。

備えておきたい防災グッズ

備えておきたい防災グッズ

備えておきたい防災グッズ

Instagram