無印良品の家と暮らす

一室空間という間取り

無印良品の家と暮らす

何にもないな

子どもがお昼寝している間、ふと部屋を見回してみると、何もないことに驚きます
家の角にあたるキッチンから反対側の角まで見渡せる
間にクッションやら三輪車やらオモチャやらが散らかっていても、見渡せるというだけで何だか気持ちが良いものです

無印良品の家と暮らす

繋がるおうち

仕切りもドアも本当に少ない、一室空間
無印良品の家ならでは、という感じです
無駄がなくて、シンプルで、広々としていて
我が家にドアは4つだけです
洗面所、トイレの入り口、お風呂、寝室
唯一の部屋らしい部屋である寝室にも、吹き抜けと繋がる窓があって、区切られてるようで繋がっています
そう繋がっているんですね、一室空間って
部屋も、人も

無印良品の家と暮らす

一室空間への不安

子どもの頃は子供部屋、少し大きくなったら個々の部屋、という暮らしをしていた私が一室空間で大丈夫なんだろうか
時々よぎる、不安
図面を見ながら何度も何度も、妄想シミュレーションをしました
これ、結構効果的です
時々夫さんも一緒に、息子くんもクレヨンで塗り塗り参加していました
朝だねおはよー、パタパタ階段降りて、顔洗って、あー着替え忘れた、パタパター、階段上がって…
こんな感じでシミュレーションしていると、ここのドアいらないね、ここに鞄置きたいね、充電ここでできたらいいね、と小さな発見がポツポツと
その流れで生まれた、玄関横の部屋に繋がるもう1つの入り口
きっとこの家を楽しめる
小さな確信が不安を吹き飛ばしてくれました

無印良品の家と暮らす

一室空間で暮らす

あーもう起きてるな
階段上がってきたな
寝るのかな
2人元気にあそんでるなー
静かだな
いつでもどこにいても、家全体のことが伝わってくるおうちです
朝が来た
太陽さんが沈んだな
雨が降ってきた
風が強いね
いつでもどこにいても、家の外のことが伝わってきます
これが良いのかどうか、正解なのかどうか、まだ分かりません
ただ、2歳の息子くんはいつも元気に走り回っています
こちら側の壁からあちら側の壁まで
楽しそうに
とびきりの笑顔で
これが答えかもしれないな、ふわりと思うのです

無印良品の家と暮らす

実はこの一室空間で後悔していることもあります

後悔とはちょっと違うな
今のままでも良いんだけど、もっと良くできそうと言いますか
話し出すと長くなりそうなので、また今度

今日もやわらかな笑顔を

無印良品の家と暮らす
Author
アバター画像

あさ

デザインの仕事をしています。いつか犬を飼いたいと思っています。夢はおばあちゃんになったら縁側でおじいちゃんとお茶を飲むことです。

Googleさん
のおすすめ

6

/

20

2024

Googleさん
のおすすめ

6

/

20

2024