無印良品の家と暮らす

5年経った無印良品窓の家

  • 2024.4.11

しかくい三角屋根の真っ白なおうちに引っ越してから5年が経ちました。

あっという間ですか?
あっという間ですね。

家族が増えました

この5年のあいだに家族が増えました。
引っ越してきたときは3人家族だったわが家に、ほわほわと女の子がひとり。

4人家族になった窓の家は、あれよこれよと模様替えを繰り返しています。

5年経った窓の家はどうなった?

一言で言えば、居心地が良くなりました。

引っ越してきたばかりの頃は、どこもかしこも真っ白で何だか眩しかったです。
それが5年のあいだに物も増え、味わいが出てきて。
何だかぐっと居心地が良くなってきた気がします。

子どもたちの描いた絵
ちょっとした写真
学校から配られるプリント
園や学校で作ってきた世界に1つの芸術品たち

雑然としてしまいそうですが、いや、雑然としているのですが、それがまた落ち着くんです。
子どもたちの、家族の空気が感じられるからかな、と。

一室空間、がらりと変わります

一室空間が特徴でもある無印良品の家ですが、子どもたちの成長と共に一室空間よりも個室が必要になってきました。

誰かが病気になったとき、親戚が尋ねてきたとき、勉強中…
個室があったら今よりももっと居心地のいいおうちになりそうです。

リフォームなのか、リノベーションなのか。
そんな初歩的なことを調べるところから始まった、うちの大改造計画。

改めまして、家づくりスタートです。

Author
アバター画像

あさ

デザインの仕事をしています。いつか犬を飼いたいと思っています。夢はおばあちゃんになったら縁側でおじいちゃんとお茶を飲むことです。

Googleさん
のおすすめ

5

/

20

2024

Googleさん
のおすすめ

5

/

20

2024