無印良品の家と暮らす

ケの日のケケケ

ケの日のケケケ
©NHK

「不機嫌なモンスターにならないためには、たゆまぬ努力が必要だ。」
「世の中は今日も、刺々しくうるさくて過剰にまぶしい。」

すごく面白かったです。

ケの日のケケケ

作:森野マッシュ
音楽:Ryu Matsuyama
演出:堀切園健太郎
出演:當真あみ、奥平大兼、小宮山莉渚、望月歩、中井友望、伊礼姫奈、岡山天音、山田キヌヲ、板橋駿谷、尾野真千子

なんだかずっと楽しみにしてました

2週間くらい前にYouTubeで「ケの日のケケケ」の予告を見つけて予告を見てホームページに飛んで、「あ、見たいな」と思いました。その日からなんだかずっと楽しみにしてました。

ケケケ同好会

「ご機嫌同好会」が「ケケケ同好会」になったところがすごく愛おしかったです。
なんだかひさしぶりににやけたというか、ケケケって言いたくなりました。

活動日は水曜日と金曜日の週2回。
活動内容は、すきにする。
読書、勉強、デートプランの作成からお昼寝までなんでも可。
ただし音の出る作業は部室に限り不可。
活動時間に地球上で生きてさえいれば出席とみなす。
※宇宙旅行は要相談。

1話だけで終わるのがもったいなく、また見たいなと思いました。

すごく丁寧でやさしい作品でした

ケケケですね。

根気強くね。

ほんとはね、ハグしたいんだ。片瀬が今ここに居るのが嬉しすぎて。だけどそれはできないから、代わりに。なるかわからないけど。

生徒も先生も楽に。笑って過ごせる場所にしたい。休憩したければ休憩すればいいし。もちろん頑張りたければ頑張ればいい。みんな好きにすればいい。人生はどうにもならないことばっかり起こるから、どうにかなるところは楽をしましょう。

新入生の皆さんは「ハレとケ」という言葉をご存知ですか?「ハレ」は非日常、「ケ」は日常をさしています。学校生活における「ケ」の日とは授業のために登校する平日の5日間ということになります。人生のほとんどしめる「ケ」の日こそ、ご機嫌にいきましょう。

なんというか、すごく丁寧でやさしい作品でした。
また見たくなりそうです。

Author
アバター画像

ぼくを

デザインの仕事をしています。いつか犬を飼いたいと思っています。夢はおじいちゃんになったら縁側でおばあちゃんとお茶を飲むことです。

Googleさん
のおすすめ

4

/

18

2024

Googleさん
のおすすめ

4

/

18

2024